練習目標<1>

「バドミントンって楽しそう!」
「バドミントンって楽しい!」と感じて頂けたら
基本となる2つのショットを打てるように練習をしていきます。

基本となるショットの一つ目は「クリアー」です。
「クリアー」とは自分の頭より上のほう、
高いところで羽を打ち、遠くへ飛ばすショットです。

このショットを通じて、
グリップの握り方や、ラケットの振り方
シャトルをとらえる位置や、振り出すタイミングなどを
練習していきます。

2つ目のショットはフォアハンドでの「サーブ」です。
フォアハンドでのサーブは工夫すれば自宅でも練習できますし
フォアハンドのサーブと、クリアーが打てるようになれば
毎回の練習での最後、15分程度行っている
「お楽しみ練習」が更に楽しくなってきます♪

その楽しくなってきた「お楽しみ練習」の中で
打ち合いを続けるために、フットワークと
他のショットを覚える必要性を感じるようになってきます。

フットワークの開始時期について

バドミントンにおいてフットワークは非常に重要で
本来であれば「ステップ1」に組み込むべき練習かもしれません。

しかしながら、子供達自身が必要性を感じる前に始めるフットワークは
子供達がフットワークという練習を楽しめないように感じております。

子供達は純粋です。
ある程度のショットが打てるようになったけど
そのショットを打つためには、その場所へ行かないといけない!
そのためにもフットワークは大切だし必要なんだ!

そういう感じで、子供自身が自分で考え
自主性を持ってからフットワークの練習を開始しても
遅くはないと考えております。

子供達の自主性や、自分自身で考える力を大切にしながら
ちょっとキツイ練習も、楽しみながら頑張れるように
これからも練習内容を考え修正を重ねてまいります!

関連するバドメモ!